[連載]恋愛成功の秘訣

記事一覧へ戻る

7.「恋人検討期間」に必要なもの

1回目のデート(お見合い)が終わり、お互いに「もう一度あいましょう。」ということになっているのに、「なかなか次のデートのお誘いが入らないのですが・・・」というご相談を女性側からよく受けます。

そして「ご自分からは連絡を入れましたか?」と訊くと、「いいえ」と答える方が多いのです。そして「どの位、時間がたちましたか?」と訊くと、一週間もたっていなかったりします。

恋愛において一週間も連絡がないと不安になりますが、お見合いの場合はよくある事です。


この時期は「恋人検討期間」だということを、お互いが認識して過ごすことが大切です。

「もう一度会ってみよう」という前向きな気持ちはありますが、「早く会いたい」という気持ちで突き動かされることはほとんどありません。(一目惚れの場合は別です)

女性としては男性にリードしてほしい気持ちは、わかりますが、まだ好意は持っていても“好き”というテンションではない男性に対して完全に受身ではなかなか進展はありません。(一目惚れしてくれる男性を待つなら別です。)

男性側は誘おうと思っていても残業で遅くなったりして「夜分過ぎて失礼かな?」とか、遠慮もあったりで、「まだ用事もないのに頻繁に℡やメールはまずいかな?」とか、案外タイミングを逃していたりするものです。

恋愛時間の感覚でいると「そんなに自分のことを好きじゃないんだ。」とか「積極性のない人かも・・・」とか「ほったらかしにされている。」とか思ってしまい相手の反応に振り回され、かなり精神的にストレスになってしまいます。

トップへ戻る

福岡の出会い&結婚相談所 お問い合せはこちら